人の筋肉量は20歳を過ぎると徐々に低下し、50から80歳までは30%から40%減ることが報告されている。加齢による体力低下を和らげ、健康維持に向けた筋肉作りをするにはどうしたらいいのだろう。立命館大スポーツ健康科学部の藤田聡教授(運動生理学)はタンパク質合成の基となる必須アミノ酸ロイシンの摂取と運動が鍵)と指摘する。
最近は高齢者でもタンパク質が多い食事を取るように言われるようになった。タンパク質が筋肉の材料となるアミノ酸でできてるためだ。
スポーツ界では必須アミノ酸の中でも分岐鎖アミノ酸)と呼ばれるバリン、ロイシン、イソロイシンの3つに注目、利用されてきた。筋タンパク質の分解を防ぎ、筋タンパク質の合成を促進する働きがあるからだ。(中でもロイシンが筋肉開始のスイッチを入れる役目。
しかし、最近は加齢によってロイシンに対する感受性が落ち、年配者はその分、ロイシンを多く取る必要があることが分かってきた。
食事で取る肉や牛乳などのタンパク質にはロイシンも多いが、ロイシン高配合のサプリメントも販売されるようになった。
藤田教授は(タンパク質やアミノ酸は取るだけでは駄目。筋肉量を増やすには運動が不可欠。ストレッチではなく、立ち姿勢から膝を曲げ伸ばしするスクワットなど、筋肉に負荷をかける運動(筋トレ)がロイシンの感受性を上げ、筋肉合成を促進することが分かっている)と話している。