食事もトイレも着替えも一人では出来ない障害者青年が”自立”生活に挑み、
たくましくユカイに生きる青春グラフティー!

驚異IT営業マン
eメールまってまーす♪〜 q(^-^q)  q(^0^)p  (p^-^)p 〜♪
jun_headpointer@yahoo.co.jp

ヘッドポインター
『準のヘッドポインター』
重度身障者の青春期 

現在、センター21には在庫がありません。
出版元の実践社さんに若干在庫があるようです。

定価 1200円(税別)  実践社
ISBN 4-916043-33-2
推薦します
大東文化大学教授 太田政男

 「この本は、脳性マヒによる重度の障害をもった伊藤準さんが、地域で普通に生活したいという熱い思いを育て、実現していく物語である。
 一人での外出、電車の利用から始まって、労働と自立した生活の開始まで、挑戦と冒険の連続である。そういう生の体験がドラマのように生き生きと語られていて、読者は引き込まれ、はらはらドキドキし、泣き笑い、いつの間にか伊藤さんに自分を重ねるだろう。
 もちろん暗く沈むときもあれば怒りもするが、むしろ明るく、ユーモアにあふれている。
 地域で自立した生活を送るには、多くの人たちの助けが必要だ。伊藤さんは、肩怒らせることなく、率直に、自然に、助けを求め、そういう人間の関係を拡げることで、様々な個性が共同する新しい地域を作り出している。」 


伊藤準 随筆集 出版委員会・世話人
矢口忠明−−上福岡市社会教育委員
中村敏喜−−大井町かすが保育園園長
木津秀美−−富士見市教育相談研究室主査兼教育相談員
新井富雄−−福岡高校校長
笹沼久子−−大井町社会福祉協議会事務局次長
志摩頼子−−上福岡市ボランティア連絡協議会会長
ほんだ勲−−わらじの会・くらしセンターべしみ施設長