これまでの実績報告
さーぁ みんなで考えよう。   100年前の沖縄の陸地は
田畑五穀豊穣 海洋資源は無尽蔵 ・・・・・だけど・・・・・今は
100年前 現在
状況 成果 状況 成果
五穀豊穣→ 餌になる微生物が川から海へ 米作り農家の減少→ 餌のない雨水だけが川に流れる
むかしは手作業農業→ 海は汚れない 農業の機械化により耕がやす土地が多くなった。 赤土が川から海へ
人口は2倍→ 漁業従事者多いが魚も減る
観光客100倍→ 観光客多いが魚も減る
埋め立て地増える→ 岩場及び干潟が減る

ーフは生きている、微生物をはぐくみさんごを育て小魚介類の住処とする。やがて珊瑚が枯れ、波に削られ砂と化し、その繰り返しにより小魚介類としては、砂漠と考えてもおかしくはない、そこで波で削れないタイヤ漁礁が必要である。

《捕る漁業から育てる漁業へ そして社会貢献》

年間1千万人観光客の中には

団塊の世代の方が多くてフィッシングたのしむでしょう。魚釣りのスポットが多い必ずつれる。

近くでたくさん釣れる。

「沖縄は最高ですね。」と喜ばれる。タイヤ漁礁はれを裏切らない。

<漁礁=魚のお宿>

今から25年前に長濱氏ら、漁業組合員で海上保安庁の許可をもらい沖縄県恩納村ムーンビーチリゾートホテル沖に廃車を100台余沈めた。その過去の実績が今はさびて跡形もない。タイヤ漁礁なら100年も大丈夫!

(参考) 深さ40m 73個 2m*2m*2m柱30センチ 73個の波型漁礁を恩納村谷茶沖に設置(恩納村発注1988年)